忍者ブログ
50億年前の地球で、未来を予測出来るシステムが開発されていた…。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



狙われた未来予測システム第111話…情報提供施設から大通りへ



情報提供施設の外に出た。


「ジイールさんの屋敷に向かう途中、大通りを歩くことになりますね。


人がたくさん歩いていそうです。


目立たないようにします」



サファは、そう言うと、姿を小さくした。


米粒程度となり、私の肩に座った。


サファは未来予測システムである。


悪用されたら危険なシステムと言える。


周囲に気付かれないようにするため、姿を目立たなくしたのだ。


サファは時折、体を小さくしていたが、それは人形サイズだった。


その時と比べ、もっと体を小さくしている。


大通りは、都市の主要な道路である。


都市の中心を十字に走っている。


移動に利用する人が、かなり多いのだ。


人に見られやすくなると言える。


そのため、人形サイズより目立たない、米粒サイズとなったのだ。


「ジイールの屋敷へ、急ぐぞ」


私は、早歩きで歩き始めた。


ジイールの屋敷は、この都市の中心、王のおられる城の近郊に位置している。


私は、前方を見上げた。


小高い丘の上に立つ城が、遠くに見えた。


この位置からだと、ジイールの屋敷は、その城の手前側にある。


このペースで歩けば、大体15分ほどで着けそうだ。


遅くならないよう、ペースを維持するぞ。


私は、走るような気持ちで、早歩きを続けた。


5分ほどで大通りに出る。


人にぶつからないよう注意し、早歩きを継続する。


3分ほど歩いた時だ。


黙って肩に座っていたサファが小声で言った。


「博士。


思ったのですが、ジイールさんは、屋敷の中に入れてくれるでしょうか?」








コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
プロフィール

HN:
コード
性別:
男性
職業:
博士
趣味:
開発
自己紹介:
未来予測システムを作ってしまった…。50億年後の地球がどうなるのか調べることが可能になったぞ。
広告

最新CM

[10/16 ナイキ スパイク]
[03/20 Lapua]
リンク

検索順位アップなら相互リンク∞
オススメのネットバンクは?
@相互リンク
三度の飯よりアルバイトが好き!
楽しく学べるおケイコでスキルもアップ
人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
ウソのような世界のおもしろ法律これホント?!
相互リンクサーフ
FX(外国為替証拠金取引)
各FX会社の比較からシステムトレードまで、初心者向けのFX情報サイト。





参加ランキング

50億年後の未来には、ランキングサイトと呼ばれるものがあるようだ。
人気ブログランキングへ
アフィリエイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ


更新情報

ブログ変更情報

高級外車型光学式マウス
少し、変更した。
(2012/10/24)
広告