忍者ブログ
50億年前の地球で、未来を予測出来るシステムが開発されていた…。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



狙われた未来予測システム第98話…ソージキに向かって…3



ビュ!


蹴り上げた瞬間、


親指部分に付着していた粒子が、


はがれ、


弾と化し、


凄い勢いでソージキへ向かって、


飛んだ。


ソージキの浮上速度は、凄まじいものがある。


飛んで追いかけたのでは、近付くことは不可能だ。


しかし、足の粒子の欠片ならば、


空気中をただよう粒子を固めた軽量のそれならば、


ソージキの浮上速度以上の速度を出させることも不可能ではないはずだ。


蹴り上げて、初速を出させ、


意志力でその速度を高めれば、可能になるはずだ!


行け!


私は、飛ばした粒子の欠片に意志力を集中させた。


ビュ…ン!


加速し、ソージキに近付き…、


並走した。


よし、なんとか、出たぞ。


しかし、凄い速度…だ。


ソージキは、ヘッドが地面にあるため、ホースを伸ばしながら、上昇しているのだが…、その状態であっても、まるで推進力が低下していない。


この速度で、あの欠片を的の小さな兵器組換石に当てなければいけない…。


命中させるのが困難に思える。


しかし…、


絶対に、


当てる…ぞ。


外したら、致命的だ。


この体の状態で、上空からの攻撃に応戦しなければいけなくなるのだ。


掃除用粒子によって、軽く吹き飛ばされてしまうだろう。


そして、ヘッドが自由となる…。


かなり、厳しそうだ。


それに…、


サファを渡したくない。


ソージキを操る人間に、優しさはなさそうだ。


渡したら、酷使されることになるだろう。


悲しませることになる…。


サファの泣き顔が浮かんだ。


…絶対に、


命中させる。


うぉぉぉ!


当たれぇぇぇ!


ブゥ…。


私の意志を受け、


左手のガントレットが強い光を放った。


次の瞬間―


ビュン!


欠片がソージキへと急激に角度を変えた。


そして―


キィィィン!


ソージキ内部の


兵器組換石を


貫いた。







コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
プロフィール

HN:
コード
性別:
男性
職業:
博士
趣味:
開発
自己紹介:
未来予測システムを作ってしまった…。50億年後の地球がどうなるのか調べることが可能になったぞ。
広告

最新CM

[10/16 ナイキ スパイク]
[03/20 Lapua]
リンク

検索順位アップなら相互リンク∞
オススメのネットバンクは?
@相互リンク
三度の飯よりアルバイトが好き!
楽しく学べるおケイコでスキルもアップ
人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
ウソのような世界のおもしろ法律これホント?!
相互リンクサーフ
FX(外国為替証拠金取引)
各FX会社の比較からシステムトレードまで、初心者向けのFX情報サイト。





参加ランキング

50億年後の未来には、ランキングサイトと呼ばれるものがあるようだ。
人気ブログランキングへ
アフィリエイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ


更新情報

ブログ変更情報

高級外車型光学式マウス
少し、変更した。
(2012/10/24)
広告