忍者ブログ
50億年前の地球で、未来を予測出来るシステムが開発されていた…。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



狙われた未来予測システム第2話…襲いかかるモノ



開発室から出ると、窓から外が見えた。


私の開発室は、研究開発施設の3階に位置している。


建物が高台に作られているため、町並みを一望することが可能だ。


国王のおられる城や、各所にエネルギーを供給する力石施設などを見ることが出来た。


私が行く予定の食事施設も見える。


よし、行くぞ。


私は、下へ降りる階段へと向かって歩き始める。


すると、突然、私の後ろで、振動音がした。


ブブゥ。


何の音だ?


おかしいと思い振り向くと、私の開発室のドアが震えている。


ドアが振動?


振動する理由が思いつかない。


なぜだ?


原因を調べようと思った時、ドアの振動が激しくなった。


そして、大きい音ともに外れ、通路に倒れた。


「!」


ドアが外れるほどの振動?


「博士。


ドア内部で、構造の変化が起こっているようです」



サファは、未来予測に特化したシステムであるが、周辺の情報を分析する能力もあるのだ。


「構造の変化…。


なぜ、そんなことが?」


考えようとした時、ドアが急に起き上がった。


四隅の角が震え、鋭利に尖る。


角が痛そうになった。


何か嫌な予感を感じるぞ。


私のその予感は的中した。


上部の角を手のように前に構えながら、下部の角を足のように使い、私に向けて、走り始めたのだ!


こいつ!


攻撃をしてくるのか!?


私は、とっさに避けた。


尖った上部の角が床に突き刺さる。


破砕音とともに、床が吹っ飛んだ。


私は、その欠片を受けまいと、思い切り跳躍する。


ぐっ!


凄い衝撃だ。


私は受け身をとって、立ち上がる。


「博士!


大丈夫ですか?」



「ああ。


しかし、こいつ、なぜ攻撃をしてくるのだ?」


私が、その疑問を口にした時、ドアが大きく震動した。


そして、


「未来…予測…システムを…よこせ…」


不明瞭な声で、そう答えた。


「なっ!」


こいつ…。


未来予測システムを狙っているのか!


しかし、なぜ!


私は、開発したことがばれないよう、気を付けていたのだ。


おかしいぞ!







コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
プロフィール

HN:
コード
性別:
男性
職業:
博士
趣味:
開発
自己紹介:
未来予測システムを作ってしまった…。50億年後の地球がどうなるのか調べることが可能になったぞ。
広告

最新CM

[10/16 ナイキ スパイク]
[03/20 Lapua]
リンク

検索順位アップなら相互リンク∞
オススメのネットバンクは?
@相互リンク
三度の飯よりアルバイトが好き!
楽しく学べるおケイコでスキルもアップ
人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
ウソのような世界のおもしろ法律これホント?!
相互リンクサーフ
FX(外国為替証拠金取引)
各FX会社の比較からシステムトレードまで、初心者向けのFX情報サイト。





参加ランキング

50億年後の未来には、ランキングサイトと呼ばれるものがあるようだ。
人気ブログランキングへ
アフィリエイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ


更新情報

ブログ変更情報

高級外車型光学式マウス
少し、変更した。
(2012/10/24)
広告